子どもを生んだ後も看護師として働き続けたい場合は、職場の育休制度について確認する必要があります。育休制度とは、出産後1年間育児のために休業できる制度のことで、女性だけでなくパートナーも取得することが可能です。ただし、育休を取得するためには、1年以上同じ職場で週2日以上働いていることが条件になります。このような育休制度は、常勤の看護師ならほぼ取得できるはずですが、パートの場合はケースによって異なるので注意しましょう。

それから、育休制度を利用した場合は、育休が終わった後のことも考えなければなりません。子どもが生まれると以前のように夜勤や残業が難しくなってしまいます。そのため、今後どのようにして働いていくかを夫婦で考えることが大切です。

育休終了後の働き方には、そのまま常勤として復職する方法と時短勤務制度を利用する方法、パートで復帰する方法などがあります。両親と同居していたり、小まめに家族のフォローを受けられるのであれば、常勤として復職しても問題ないかもしれませ。しかし、育児に協力してくれる人が近くにいないときは、時短勤務制度を活用することをおすすめします。時短勤務制度を利用すれば、残業を避け、早めに退勤できるので、ワークライフバランスが取りやすくなります。また、雇用形態に縛られないのであれば、パート勤務も良いでしょう。このように、育休制度終了後は、自分が求めているライフスタイルに合わせて、働き方を見直すようにしましょう。