出産後に復職を希望する看護師は少なくありませんが、看護師としての経験や能力を無駄にしないためには、長期的にキャリア形成を図ることができる医療機関に就職をすることもポイントです。例えば、若手の女性のスタッフが多く在籍している総合病院などでは、早期の離職を防ぐために、産休や育休の期間を長く設け、復職後はスタッフの希望に応じて一定期間の時短勤務を認めたり、体力的な負担が少ない職場へ配置転換をしたりするところもあるようです。そのような職場だと、産休や育休を挟んでも、女性看護師はキャリアを失うことがないので、長く同じ職場で働き続けることが可能になります。

出産後の働き方は、それぞれの家庭環境や健康状態、ライフプランなどによって差がありますが、将来出産や育児を望む人であれば、復職については早いうちから考えておくことが大切です。常勤の看護師の勤務にそれほどこだわりがない人の場合は、非常勤やパートタイムの働き方を選択することで、出産後も身体に負担をかけることなく働き続けることは可能です。

出産後に復職を果たした看護師の働きぶりについては、各地の医療機関の公式ホームページや医療分野の転職サイトなどに詳しく紹介されているので、参考にしてみると良いでしょう。医療機関の中には、女性看護師が長く活躍できるように、勤務形態の変更や時短勤務をはじめ、復職支援などを積極的に導入しているところもあるので、就活や転職時にそのようなところに注目してみることをおすすめします。