スキルを持った看護師を失わないために、育児に寛容な病院も増えてきています。そのため、看護師が育児と仕事を両立させられる環境は徐々に整ってきており、働きながら育児も問題なくこなすことも可能になりました。しかし、もしも今の職場が仕事と育児の両立が厳しい環境ならば、思い切って転職することも大切です。

ただし、看護師は転職自体はそう難しくはないかもしれませんが、給与や仕事内容だけでなく、必ず育児しやすい環境かどうかを考えて転職しましょう。「とりあえず今の職場よりも条件が良いなら構わない」と考えるのではなく、「この職場なら育児と仕事の両立が問題なくできる」と考えられることがポイントになります。

それから、具体的には、日勤で働ける職場がおすすめです。夜勤があると生活のリズムのズレと育児によるストレスが重なって大変な思いをしかねませんし、夜に子どもの面倒を見てくれる人を探さなければならなくなるからです。また、同じように育児と看護師の仕事を両立させている人の多い病院で働くこともおすすめです。同じ悩みや苦しみを共有できますし、先輩看護師に相談もしやすくなります。さらに、一人で悩んでいると気持ちも沈みがちですが、仲間がいるだけでも励みになるはずです。

そして、夫に協力も求めましょう。二人三脚で子育てと仕事を両立させることで、一人だけが負担を背負わない環境を作ることができます。育児は永遠に続くものではありませんが、子育ての過程で気持ちがプッツリ切れてしまう人も稀にいるので、自分がそうならないように、心身を労りながら働ける場所を探してください。