看護師は「看護婦」と呼ばれていた時期があり、女性が多く活躍している職業なので、どこかのタイミングで妊娠や出産を迎える人がほとんどです。もちろん、中には妊娠をしないという選択をして仕事に没頭する方もいますが、それは少数派ではないでしょうか。

だたし、看護師として働く以上は、いつまでも人に使われる立場ではなく、後輩に指示を出したり、管理を任されるような立場を目指したいものです。そして、そのためには、きちんと結果を残しつつ周囲から信頼される看護師にならなければなりません。そこで女性の場合ネックになるのが、出産とキャリアプランです。妊娠をしてお腹が大きくなったら育休を取得することになりますが、休んでいる間に後輩が成長すれば、病院内での評価は大きく変わることがあります。育休から戻ってきたら自分の居場所がないというのは極端な表現ですが、休んでいる人より働いている人の評価が上がるのは自然なことです。

そのため、そのまま同じ職場にいる場合は、再び地位を築き直す必要がありますが、出産を機に退職して、復職時に別の職場で働くのも一つの方法かもしれません。退職をすると、今まで築いてきたキャリアが失われると考えがちですが、看護師の場合は必ずしもそうではありません。出産を機に働き方を変える看護師は少なくありませんし、何より看護師はどこの病院も人材不足なので、転職しても経験者は重宝されます。共働きが当たり前になっているので、時短勤務が可能だったり、職場に託児所を設けたりして、ママさん看護師をサポートしてくれる医療機関も増えてきました。ですから、自分の意思を重視して、柔軟な姿勢で出産後もキャリアを伸ばすことを考えましょう。